生命保険の見直しが大事

レディ

家計のリスクを把握しよう

日本人は他の先進国と比較して、生命保険にかけるお金の割合が非常に高いといわれています。その一方、就職直後や結婚、出産といったライフイベントのタイミングで生命保険に加入したものの、自分の加入している保険の補償内容を十分に把握しないまま高額の保険料を支払い続けているケースも少なくないといわれています。思うように賃金が上昇せず、増税や社会保険料負担の増加などにより家計の負担増加が見込まれる状況にあっては、しっかりと家計診断を行い生命保険の補償内容を見直せば、大きな節約に繋げることが出来るケースも少なくないといわれています。一世代前までは、共働き世帯は少数派でしたが、現在の日本では共働き家庭が増えてきており、共働き家庭と専業主婦家庭では、夫婦のどちらかに不慮の事態が生じた場合の家計のリスクというのも異なることとなります。近年では大型ショッピングセンターや町中に来店型の保険ショップが増えてきており、家計診断なども行いながら生命保険の見直しを勧めてくれます。共働き世帯では夫婦ともにそれなりの収入があるため、払える範囲で生命保険でのリスク回避策を提案されることが多いといわれています。生命保険の加入にあたっては、まずは自分たちで家計診断を行うか生命保険の代理店を営んでいない独立系のファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼し、自分たちの家計のリスク洗い出しとそのリスクに保険で備えるべきかどうかについて確認することが重要になるといえます。

Copyright© 2018 海外へ行くなら保険に加入すべし【もしもの事態に備えよう】 All Rights Reserved.