レディ

生命保険の見直しが大事

家計のやりくりや将来のリスクに不安を感じているのであれば、しっかりと家計診断を行い生命保険の見直しを検討してみるのがよいといえます。共働き世帯と専業主婦世帯では家計におけるリスクも異なる点に注意しながら保険見直しを検討してみるとよいといえます。

詳しく見る

荷物

リスクへの備え

海外へ旅行や出張などで出かける場合、保険加入が必須となる。海外では、思いもよらない事態に遭遇するケースもあるため、保険加入が必要である。商品を選ぶ場合には、費用と補償のバランスが取れたものを選ぶとより良い。

詳しく見る

男女

夫婦でFPに相談

夫婦共働きをしていて、現状家計に問題はないが、将来子供が産まれた後は今と同じようにならないかもしれないです。そこで、家計診断や現状の悩み将来の希望を伺いながらライフプランを作成します。保険の提案や運用の相談も行えます。

詳しく見る

レディ

国外での事故や病気

海外旅行中に医療機関を受診したら、保険金請求には必要書類を揃えます。医師の診断書等、現地でしか手配できない書類もあるので注意が必要です。保険が自動付帯のクレジットカードは便利です。日本出国から3か月適用され、帰国後に支障が出ても安心です。キャッシュレス診療可能なら、現金がなくても治療を受けられます。

詳しく見る

女性

保険の活用方法

ファイナンシャルプランナーに依頼すると、夫婦共働きのご家庭の家計診断を行ってもらえます。保険を勧めるだけでなく、保険が家計を圧迫している場合などに家計診断を行うことで、適切に利用できるようになるでしょう。

詳しく見る

渡航には加入が必要です

パスポート

様々なチャネルがあります

海外に渡航する際には海外旅行保険への加入が必要になります。保険に加入することによって、海外で病気や怪我の治療をする際の治療費を賄ったり、携行品を紛失したり盗難されたりした際の費用を補填したり、ホテルの備品を壊したりした際の賠償責任を補ったりすることができます。海外旅行保険は旅行会社の窓口で加入することが一般的に多いですが、外貨両替をする銀行などの金融機関でも加入できます。また、インターネットで簡単に加入できる保険会社も多くなっており、インターネット契約は保険料が割安に設定されています。ゴールドカードのような年会費がかかるクレジットカードでは、年会費の一部を使ってクレジットカードに海外旅行保険を自動付帯している場合があります。空港には自動契約機が設置されていますので、出国の直前であっても海外旅行保険に加入することができます。このように加入チャネルは様々ですので、渡航する際には補償内容や保険料を十分に検討して加入することが重要になります。一般的には店頭よりもインターネットの方が保険料が安くなる傾向にあります。旅行に限らず、出張や海外赴任などの仕事の場合であっても、保険が必要であることは当然です。海外での万一の際に備えることは旅行でも仕事でも同様に必要になります。仕事の場合には企業が契約者になって役員や従業員を対象に加入することになります。法人契約があれば個人で加入する必要はありません。

Copyright© 2018 海外へ行くなら保険に加入すべし【もしもの事態に備えよう】 All Rights Reserved.